スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

あと二日でACVのCBTですが

カテゴリー: 日記

う~ん、実はあまり楽しみじゃないのです。
聞こうとしなくても入ってくる情報ではあまり評判良くないですからねぇ・・・。
まぁβ版だから仕方ないんですけどね。

そんなことより最近はギアーズの方がキツクてツライけど楽しいです。
あれですねぇ。
ギアーズはTPSと言うよりアクションゲームと捉えろと言われた事があったんですが、まったくだなぁと思います。
意識を変えるだけでだいぶ分かってきた感じです。
若干今まであまり上手くならなくて限界かな~と思っていたんですけど、ちょっとだけ伸び代増えた感じです。
本当に、もっと早いうちにfA辞めてやってれば良かった。


まぁともかく、ACVは・・・ゲーム自体は良い出来になる可能性がありますがプレイヤーのせいでクソゲーになりそうです。
フレンドとある程度話はしたんですけど、ちょっと今回色々敷居が高すぎるんですよね。
チームシステム然り、ボイチャ必須然り、難易度フロム仕様然りetc...
その関係で絶対的に人が少なくなりそうなんですが、その上で最悪だったのが前作組の上位陣が集まって初心者狩りする気満々なのがヤバイです。
正直言って、自分がギアーズ2を最初やっていた時に本気で辞めたくなったのは海外版とか前作組がフルパーティー組んで狩りゲー始めたのがやばかったんです。
わずか一ヶ月もしない内に初心者は淘汰されて対人戦に手を出せない状態だった。
その初心者狩りパーティーが獲物がいなくなって自然消滅してからようやく遊べたので結構あれでした。
それでも人少なかったし。

そんな感じで恐らく、前半は修羅の国状態になって俺ツエーチームが獲物なくなって辞めて、その後やり始めた初心者が増えてACVが本稼動するってのが自分としての見通しですね。

絶対にジャンルとしても初心者がとっつきやすいとは思えないんで、そこそこのマゾ忍耐が無いと駄目だろうなぁ・・・。

自分としては、好き勝手して遊びたいってのが望みなので色々癖が強そうなwktkのチームは未だに怖いですね。
実際会って知ってる人なんて5,6人だった気がするし、そいつらと話したら知らない奴ばっかでちょっと嫌みたいな話もありました。
この際蟹エレメントのとこで好きに遊んでからギアーズやって落ち着いた頃にACVを本格的にやろうか迷うところです。
一応一つのプランとしては、wktkのチームである程度強くなってから抜けるつもりだったのでその後に教導隊作るってのもありっちゃありか。

ACVは発売前から不安要素が多すぎてかなり怖い・・・と言うか、こんな事書くとこれ見た人が本気で買わなくなりそうなのでヤバイですね。
良い所はたくさんあると思うんですが、自分がネガティブなだけなので気にしないでください。
フロムさんの拘りとか色々な物が詰まってるんで絶対良いゲームだと思うので買ってください><




スポンサーサイト
2011/07/27(水) 23:00 | trackback(0) | comment(3)
前ページ | | 次ページ

須田

URL | [ 編集 ] 2011/07/28(木) 04:02:55

フロムさんもダークやACVとでっかいゲーム二つも作ってるから大変そうですよね。

初心者狩りの話ですが、狩りなんてどこのゲームにもいるんで正直どうでもいい感じですね。まぁ武器壊しやらレベル下げしてくるデモンズではさすがに心が折れましたが

ななし

URL | [ 編集 ] 2011/07/28(木) 16:37:47

他のゲームと違って公式がチーム推薦してますから一部で初心者狩りの図が生まれるのは今回は仕方のない気がしないでもないですね・・・

>三日月教導隊
入隊者はもれなく変態機動が出来るようになる教導隊と言う名の変隊ですね分かります

みかちん

URL | [ 編集 ] 2011/07/31(日) 11:10:31

>須田さん
なるほど、まぁどこでもそんなもんではありますか。
ちょっと神経質になってましたよ。

>ななしさん
確かに仕方なさそうですが、元々少ないプレイヤーが楽しむ間もなくいなくなるのはいかんともしがたいというか・・・まぁ僕が考えることじゃないですね。

>教導隊
ただの変態しか生まれません><











管理者にだけ表示を許可する
http://crescensruna.blog98.fc2.com/tb.php/558-9a508d6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。