スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

PCの構成 詳細2

カテゴリー: 自作PC

実は前のPCで突然モニターの電源が落ちたり色が変になったりしてたんです。
モニターが壊れてきたと思っていましたが新しいPCではならない所からすると、VGAがずっと不安定だったんでしょうね。
あのまま使っていたらモニターまで巻き添えにして逝ってしまうとこでした。


・Intel SSD
今回初めて投入するSSDですが、初っ端からかっ飛ばしてますw
OSの起動と終了、アプリの動作が段違いです。
XP+HDDと7+SSDでの起動までの時間差は二倍くらいあるんじゃないでしょうか。
コレは凄いです。
特に終了は一瞬ですね。
XPは元々終了に時間掛かるけど、それを差し引いても速い。
今回のアップグレードで一番体感出来る製品でした。
確かに高い物ですがCPUを最新のに変えるより体感出来ると思います。
なのでちょっとグレードアップしようとして結局MBとCPUに掛かるお金とSSDとで考えれば断然こっちだとおもうかな~。
まぁゲームが特に速くなるわけじゃないので、軽い作業がメインの人はこれですね。
今回買ったのはインテルのだったんですが、やっぱり信頼性が高くて性能が良い上に最近かなり値下げしたので同価格帯でダントツじゃないかと思います。

ただ、面倒なのはOSで対応してるのはWin7からなのでvista以前のユーザーは多少調べて色々な機能を調整した方が良いです。
書き込み量で性能落ちるので色々気を付けた方が寿命延びるんです。
Win7でもキャッシュやTEMPファイルとかは全部HDD側に保存するように設定しました。
まぁまだ新しい物なので色々面倒はあるのかもな~。

一度SSDにするとHDDには戻れない・・・その意味が分かりました。
XP入れたのに使ってねぇ・・・。

・WD HDD
最近購入するHDDのメーカーはWDが鉄板になってます。
以前はSeaGateだったんですが、少し前の騒動で若干離れてます。
レイザーさんのお勧めがWDだったのでそこを試してみたんですが、中々良い感じ。
音と発熱は高いんですが、トラブルも特に無いし耐久性もありそう。

現在組み込んだHDDは三台。
FAEXとEARSとFALSです。
FALSはFAEXの前機種で、二つとも7200回転のシステム向きのやつです。
EARSは大容量で5400回転のデータ保存用です。

FAEXはFALSに比べて色々性能良くなってます。
ベンチはまだですが温度が平均的に2度下がってますし、音もFAEXの方が静かです。
FALS積んでからシーク音が若干気になるかな~と。
だけど、EARSだけだと動画の保存用HDDとしては回転数厳しいです。
一度低回転HDDを録画用に使ったら書き込みが間に合わなかったとかで失敗したんです。
最近のは分からないですけど、今後のAC5に向けて環境は作っときます。
それに、FALSって結構高かったので勿体無い。

・Windows7
まだ使って二日もしないのでよく分からないです。
慣れないと若干面倒。
慣れれば何でも都ですよ。
7にして今のところ困ったのは・・・メールソフトが無いです。
Live mailを使えって事らしい。
これはvistaでゴミ箱を消してしまった時以来の焦燥である。

それと、ネットの回線が制限されるので遅いです。
vista以降に付いている自動Rwin設定の関係で勝手に低くされる見たいです。
しかもコレを切って新しく設定しても反映されないし遅くなる厄介な奴みたいです。

そんな時はコマンドプロンプトで
「netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted」
と入力するとかなり改善します。

要するに海外ではブロードバンドの普及が遅れているので、それに合わせてるから設定は「normal」なんです。
ADSLくらいなら気にならないですけど、FTTHでは致命的。

保障はしませんが、よく調べた上でお試し下さい。

これで新PCの詳細は殆ど終わりかな?
特に書くことなくなりましたが、今まで使っていたオーディオカードとかの評価でもしよう。
スポンサーサイト
2010/09/24(金) 09:14 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://crescensruna.blog98.fc2.com/tb.php/492-c8d26f5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。