スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

PCの構成 詳細1

カテゴリー: 自作PC

今回は多少の拡張性のある長く使えるPCを目指してそれなりに良くて比較的それなりな物選びました。
とは言え、CPUとMBはバンバン変わっていくと思うので、あまり考慮しない。
その上で3年は殆ど変えず現状で比較的コスト良くて性能良いのにする。
所謂、アッパーミドル帯で組みたい。


・P180
ケースは二年程置物になっていたP180を使用。
ずっと気になっていたけど中々使う機会が無かった。

前扉最強説。
これのお陰でドライブとかファンの音がかなり減る。
やっぱこれが一番の魅力ですね。
全体的に静音設計なんですが、付属ファンはそこまで静かじゃない。
とは言え、煩いわけでもないので低速にしてれば問題ない。

裏配線が可能なのでかなりスッキリします。
かなり綺麗に整理したので良い感じです。

電源フロアとHDDケージの間にあるファンのお陰でHDDとかは冷えます。
以前は50度とか当たり前だったのに今じゃ低い時は30度切る。
もう外付け大型ファン(扇風機)は要らない。

問題点はやっぱり電源ルームが狭い。
その関係で電源選びに苦労しました。
大きいサイズの方が安いのに大きいの積めないんです・・・。

それと吸気が足りない事でしょう。
前面ファンは一応二つですが、デュアルチェンバーの関係で上下別々。
下は冷えますが上の段が排気二つに対して一つ。
これは負圧なので厄介です。
本来排気口のバックプレートから吸気している。
5.25インチベイに吸気ファン追加したい感じ。

GPUの下の辺りに熱が溜まってます。
中段にファンを追加したのでGPUは想像以上に冷えてますが、空気が上に引っ張られて下まで行かない。
追加して正解でもCPU側から持ってかれるとは・・・。

・APOLLISH UCAP12
中段に追加したファンです。
中段HDDケージに搭載してます。
構成を考えていた時からずっとこれは必要だと思ってました。
このファンは風量の割りに静かです。
それにサーマルセンサーが付いてるので気になる箇所に設置すると温度に応じて回転数アップ。
・・・まさかGPU下を警戒して設置したら案の定反応して殆どフル稼働とか・・・何なの?
フル稼働だとやっぱり煩い・・・。

・Core i7 870
当初は将来性考えて900番台考えてましたけど、また新しい規格出るとかで当てにならなくなり、現状でのメインストリームで860にしようとしたら値下げで殆ど差が無い870にしました。

発熱はCore2 Duoに比べるとお察しですが消費電力は低いです。
ぶっちゃけ処理速度も上がってるので時間帯での消費も少ない感じなので今のトレンドはこれなんだなぁ~って感じです。

まだあまり違いが分かりません。
あ、ベンチ上がってます。
けど体感するほどの事はまだやってないです。

・Hyper 212 Plus
あまりお金を掛けずに比較的組みやすくてあまり煩くない冷えるクーラーで調べたらコレになりました。
リテールは使ってないので分かりません。
まぁCore2にくらべ発熱するので多少の音は仕方ない。
かなり組みやすいと思います。
だけど対応CPUに合わせて色々切り替えが付いてるんですが、どうやって切り替えるのかマニュアルにはあまり詳細が無くて苦労しました。

バックプレート式な上にねじ締めも簡単でした。
問題なのはバネを押しながら切り替える事に気付くまで力任せに切り替えようとした事でしょうかw

ファンはCPU付近だから回転数が大きくなり易いとは言え、結構音大きいかも。
低速二つに付け替えるのがベターじゃなかろうか?

・P7P55D-E Deluxe
それなりに将来性考えたが・・・まぁもう少し下でも良かったと思ってる。
USB3とSATA3に対応しているのを考えてコレにしました。
そこは良い。
だけどOCなんてしないのにツールが付いてるのが勿体無い。
ツール無しのEvoって言うのがあったのでそれにしたら良かった。
まぁ・・・多少時代遅れになった時に試して延命してみますか?

・GeIL 2Gx2 Memory
特にメモリは高くないの選ぼうと思いました。
だけどバルクは相性怖いのでそれなりのメーカー且つ動作保障している物で探したらコレにしました。
MBとの公式チェックはされているので迷う余地は無く決定。
後々RAMdiskの為に1セット追加しても良いかも。


・GTX460
コストパフォーマンスで選びました。
同価格帯ではダントツだと思います。
ATIはドライバが若干心配なのでnVIDIAにしたかったのもあります。
そして、一番の理由は比較的カードの長さが短い事です。
中段HDDケージにファンを搭載する場合VGAに干渉する事が殆ど何ですが、こいつは搭載可能です。

性能に関してはまだベンチも特に走らせてないので不明。
だけど、MSIのオリジナルファンは凄く冷えます。
それに静かです。
ケースとかのファンのほうが煩い。
負荷テスト掛けるとCPUとかの温度が急激に変動する中30~35度内でしばらく踏ん張ったのは驚いた。

・SS-750KM

結局当初の予算より1万近く変わるけど買いました。
比較的小型で、全部のコードがプラグイン式、高品質、80Plus Gold、アッパーミドル帯では十分な容量となると長く使えるパーツになりそうだと思いました。
まぁ今のところ不具合は無いです。

ただ、良い所と悪い所が重複する。

ある程度の温度まではファンが起動しないので無音なんですが、逆にその温度になるまでに結構熱を持つのが恐ろしい。
こいつ大丈夫か?
まぁ殆ど熱を発する事も無いのでこの辺も高効率なのが響いているんでしょう。

風評としては、電源に対してエアフローの良いケースじゃ無いと面倒らしい。
P180を使っているのでこの点で心配する事は殆ど心配ないのですが、まったくファンが回転した例が無いので壊れてるのか心配だ・・・。
負荷掛けても動かん。


続く

スポンサーサイト
2010/09/23(木) 17:34 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

せりか

URL | [ 編集 ] 2010/09/24(金) 01:44:37

すでに何書いてるのかわからん

みかちん

URL | [ 編集 ] 2010/09/24(金) 03:11:19

>せりか
ですよね~w

だから写真撮りたかったのだけど、駄目でした。
今度機会があれば・・・。











管理者にだけ表示を許可する
http://crescensruna.blog98.fc2.com/tb.php/491-938072f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。