スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

久々にクロムの記事

カテゴリー: クロム

高反動武器の集弾について予想をチラホラと。

なるほどボルのところにあるやつを例にして。
もう少し秘密にするつもりだったけど、ばらしやがったので・・・。
元々は外人のアセン動画を見た時に参考にしたやつの一つ。

●1
 ●2
  ●3
   ●4

この積み方でこの順番の撃ち方が何故集弾するかは反動を利用したからkamosirenai。
最前提なのは

 ●1
  ●2
   ●3
    ●4
       (本体)

1~4の順番で撃つkamosirenai。
レティクルは全部上方向kamosirenai。

理由は、1発目を撃つと反動で左上に体勢が反れる事を利用するからkamosirenai。
何故なら脚から離れた方向にある武器ほど反動が大きくなる仕様があるからkamosirenai。
それによって1発目の発射位置に2発目の武器が移動するのでそのタイミングで撃つと一発目にほぼ重なった射線を持つことになるkamosirenai。
3~4発目も同じkamosirenai。
これによって元々の武器配置以上の集弾性を持つ事が出来るkamosirenai。

なので、

●1
 ●2
  ●3
   ●4
(本体)


    ●1
    ●2
(本体)●3
     ●4

にしても効果は無いkamosirenai。

反動を消して撃つ場合は

 ●1
  ●4
   ●3
    ●2
      (本体)

 ●1
  ●3
   ●4
    ●2
      (本体)

の撃ち方で合っているkamosirenai。
ただし、この武器配置の形で弾を撃つので集弾は点ではなく、斜めの形で飛んでいくkamosirenai。
わざと命中率を上げる為に範囲を面にするのもありkamosirenai。
ケースバイケースkamosirenai。


ついでに、武器のレティクルの向きによる効果。
これはカメラに設定されてる武器の方向に向きを変えると弾が収束しやすくなるが、逆に長距離武器を扱う場合速く収束しすぎて実は超長距離だと広がってしまう弱点があるkamosirenai。
よって、超長距離を狙う前提である場合はわざとカメラと逆を向けると収束しなくなるが武器配置による弾道補正の方が強いので長距離になるほど収束される軌道になるkamosirenai。
逆に近中距離を前提にしている場合はレティクルをカメラに向けると収束しやすいkamosirenai。
砂砲に関しては中距離を想定する場合はレティクルを向けるのもありkamosirenai。

一応レティクルの方向に修正がかかるっぽいので、上の間違えの例もやり方では収束しそうkamosirenai。


やり方次第ではこの積み方じゃなくても結構収束できるkamosirenai。
まだ現在も弾道の変化とか調べてるけど難しい・・・kamosirenai。
とりあえず配置場所と発射順とレティクルの向きは感覚で分からないのである程度自分でテンプレ化しとくkamosirenai。
だけど書かないkamosirenai。
どっかにこれについて書いてるところがあれば楽なんだけどね。
探してみるkamosirenai。
mendoukamosirenai。


うん、凄く読みづらい・・・kamosirenai。

スポンサーサイト
2008/09/28(日) 04:52 | trackback(0) | comment(9)

あ・・・

カテゴリー: クロム

新しい二脚の構成を思いついた。
後で作って試してみよう。
・・・駄目な方の蟹あたりにでも。
2008/08/12(火) 17:22 | trackback(0) | comment(3)

予想外です・・・。

カテゴリー: クロム

アレでした。
新しく作った二脚は完全にタイマン用でした。
本当に(ry
チーム戦ではどうやっても空気でした。
けどタイマンに持ち込めば強い。
やっぱりスカッドメンバー居ないときにタイマン部屋ばっかり行ってたのがいけなかった。
チーム戦に対応するにはアサルトか連ロケ積まないと無理っぽい。
また組み直し・・・。
だけど迫撃砲の使い方と性能が分かったので他の機体にも活かせそう。
とりあえずタイマン用に残しておく。
2008/08/08(金) 02:29 | trackback(0) | comment(0)

・・・いない。

カテゴリー: クロム

新しい二脚を組みました。
いろいろ新しい試みも入れてみました。
戦争での勝率は悪くないです。
対人戦でも二脚で初めて勝ってたし。
一部相性が悪いの以外にはそれなりに。
さて、この機体の実戦練習をしようと思ったけどスカッドメンバーが・・・誰もいねぇ。
クソッ、この新機体の力を見せ付けてやるつもりだったのに。

え?
二脚って強いかって?
・・・・・・・・産廃ですよアレは。

と言うか、本当は今日ゲームを見に行こうと思ったんだけど自分自身の二脚が破損したせいで行けませんでした。
・・・たぶん捻挫だと思う。
そんなタイミングでみんな居ないから暇で仕方ない。
アレか?
もうみんな夏休み貰ったのかな。
・・・明日は痛くてもゲームを見に行こう。
2008/08/07(木) 01:57 | trackback(0) | comment(3)

砂のススメ

カテゴリー: クロム

ダメな方の蟹のブログにあった新しい方の動画を見てみた。
そうすると砂の立ち回りが全然違うことに気が付いた。
そしてそれに特化する上でアセンも変える必要があったみたい。
出来る方の蟹さんの話では聞いていたけど、砂って本当に動きとしてはチームから独立して、且つ目立たないようにしながら最大限の戦果を挙げることだった。
チームプレイを念頭に置き過ぎたせいで行動範囲が狭まったり、それどころか近すぎて近くの味方まで敵と判別したりして満足に動けない。
その関係で意外にチームを信じて動けていなかった。

そこで新砂機はワンショットワンキルに特化した機体にする事にしました。
勿論味方を信じているので近接武装は考えておりません。
その結果、今までワンチャンスの火力が足りなく感じていたのが解消され一撃でコクを破壊できるようになった。
そして、二回に分ける事が無いので一度撃ったらすぐに場所を移動でき、無駄が無い。
よって特定されづらい。
そして、前より機体を硬く構成できたのでミスって一撃で死ぬことはないw
二回に分けるのは確かに命中率が良いんだけど、どうしても隙も二倍になってしまう。
それに火力もギリギリ足りないこともある。
近接戦になった時も二発のほうが実は対処し易い。
けどその部分を切って考えるとこっちの方が砂としては正解っぽい。
まだ分からんけど。

今使っている新砂機の弱点は、集団性がギリギリ、足もしくはジェネが半分切ると反動が抑えられないのでどっか飛んで行く。
非常にシビア。
まずはこの反動を何とかして集団性を挙げないといけない。
次の砂機はこれを解消したらもう弱点は近接戦以外無いと思われる。
砂砲の配置をもう少し後ろに出来れば大丈夫なんだけどずっと考えても思いつかなかった。
いや、あるにはあるけど被弾面積が増えるのでアレ。
2008/08/01(金) 13:05 | trackback(0) | comment(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。